RTRとは・・・

RTRとは ~Remember To Remember~ を略した言葉です。
それは『思い出すことを忘れない=常に基本を・・・』 を意味します。

健康な毛髪に必要なものは
◇Cell Membrane(細胞膜)Complex(複合体)= CMC 1~9% (セル メンブラム コンプレックス)
脂質セラミドから成る物質です。
毛髪内部でコルテックスにキューティクルを張り合わせる重要な働きをします。
しかし、脱脂力の強いシャンプーに大変弱い性質があります。
◇Natural(天然)Moisturizing(保湿)Factor(因子)= NMF 10~15%(ナチュラル モイスチャーライジング ファクター)
水分量 コルテックス内部の間充物質に含まれます。
コラーゲン等のタンパク質集合体で毛髪に適度な潤いを与える働きがあります。
しかし、キューティクルが剥離され失われると、間充物質が露出されて水分量の保持力が維持不能となり、乾燥毛に進行することで毛髪が硬化し、脆くなり弾力も失われます。 静電気の原因となり損傷毛やポーラスヘアがこれにより起こります。
◇Keratin = ケラチンタンパク質 毛髪では80~90%
角質。動物の上皮、毛髪、角、ひづめ等の主成分。硬質タンパク質の一つです。
人間では毛髪や爪がそれになります。しかし、髪と爪の大きな違いはCMCやNMFが存在するかしないかによって健康な毛髪と爪とに分かれます。当然、爪にはCMCやNMFは存在しません。そのため硬質の爪は、水により突然性質が変化します。ふやけて軟らかくなるのです。即ち水による吸収率も素早く反応しますが、その反対に乾燥して脱水も早く、元の硬質の爪に戻るのも早いのです。健康な毛髪には、CMCやNMFが存在することにより水から受ける影響を極限に減らし、つねにハリ、こし、弾力を維持し、適度な潤いをキープ出来るので自然な艶も表現できるのです。
昔から、女性の美しい髪が美の象徴とされるのは、健康な髪への憧れを意味しているのです。
髪にも肌にも大切な セラミド(CMC)にはどんな効果・効能があるの・・・?
セラミドは肌において、外部の刺激からの一番初めのブロックとなっています。これを肌の『バリア効果』と呼んでいます。

さらにセラミドは外部からの細菌や刺激をブロックするだけでなく、表皮、真皮に存在する水分を肌の外に逃がさない様にする役割もしています。
表皮の角質層では、油にも水にもなじむ性質を利用し、脂質の中に水分を閉じ込めるようにして保湿効果を発揮します。
このようにバリア機能と保湿の両方においてセラミドはかかせない存在なのです。

セラミドは頭皮や髪にも多く含まれています。
髪を作り出しているのは頭皮の細胞なので、頭皮の潤いを保つことが美髪につながります。
セラミドが不足し、頭皮が乾燥している状態になると、フケや痒みの原因となり、髪自体にも栄養が届きにくくなるためパサついた髪になります。
美しい髪のためには、まずは頭皮を乾燥させないこと、すなわち頭皮のセラミドをしっかり保つ事が重要です。

さらにセラミドは髪自体にも含まれているため、傷んだ部分の補修効果もあります。
髪の補修にはセラミド配合のトリートメントでケアすることが効果的です。
毛髪とトリートメント
トリートメントシステム
『トリートメント』という言葉を辞書で引くと『治療』とあります。治療とは『病気やけがを治すこと』とも書いてあります。
ヘアートリートメントは、傷ついた髪をベストコンディションに再生させることが目的ではないでしょうか?

艶を求めることが本当のトリートメントとは言えません。髪の毛のお化粧に過ぎません。大量販売されている多くの商品がジメチコン(シリコン系)と合成界面活性剤の集合体で作られていて、それを継続して使うことによって、髪本来のハリやコシが失われ『しなやかさ』と言う言葉に置き換えて魅了しているのです。損傷が進み、髪が硬化して、もろくなり手触り感が腰抜けになった髪がしなやかになったと誤解されているのです。

その腰抜けになった髪を合成界面活性剤が主原料のシャンプーで毎日洗ったら・・?

シャンプー剤やリンス剤の中に含まれる石油系化学合成物質の多用によりCMCやNMFが失われ、そのパサパサ感を補うためにジメチコン(シリコン系)がたっぷり入ったヘアケア剤に頼るようになってしまうのです。
一度、内容成分を確認してみて下さい

化粧品には製品を長期間安定させておくために防腐剤も多種多様に添加されます。確かに品質の劣化を抑えるため全ての化粧品には少なからず入っています。安息香酸・パラベン類がその代表です。浴室では特に、温度・湿度が高くなる環境で使用しますのでカビ類・細菌類の増殖を抑える目的も有り、より多くを必要とします。その防腐殺菌剤はタンパク質を破壊する成分としての働きを持ちます。要するにタンパク質破壊成分配合の化粧品で髪や身体のお手入れをするのは、良いことではないのです。
なぜなら、私たちの髪も身体もタンパク質で作られているのですから。
RTR Labo